モバゲータウンがすごい理由

Front Cover
マイナビ出版, Jul 1, 2007 - Social Science - 221 pages
2 Reviews
セカンドライフやmixiに負けないぐらい、”熱い”コミュニティサイトが、ケータイにあります! ユーザー数が500万人を突破し、最近はテレビCMも話題の無料ゲーム&SNSケータイサイト「モバゲータウン」。このサイトを運営するディー・エヌ・エー(DeNA)は、「auオークション」「auショッピングモール」などの公式サイトの運営も行っています。本書では、モバイルに特化したコンテンツ戦略で成功を収めている同社を例に、パケット定額制やナンバーポータビリティ制度などによって、大幅に状況が変わったケータイ・コンテンツ市場での成功の秘けつを解説します。 最近の若者の多くが、ケータイを使ってインターネットに接続しています。定額制の普及や検索サービスの導入など、サービスの向上に伴い、検索やブログ程度の簡単なことであれば、ケータイだけで十分な時代になったからです。その変化によって、以前のような「公式サイト」中心の課金モデルによる、ケータイ・ビジネスモデルが、安泰とは言えなくなってきました。一方で、モバゲータウンのような広告モデルで成功する「勝手サイト」が、続々と誕生しています。 ケータイ・コンテンツの世界は、いま大変化を遂げようとしています。「モバゲータウン」って何? なんて言っていると時代に乗り遅れます! 本書は、DeNAのような、新たな「勝ち組」企業を生み出し始めた、ケータイ・コンテンツ市場の現状と今後について解説するITビジネス新書です。 【注意】本書の内容は、執筆時(2007年5月時点)の情報にもとづいています。あらかじめご了承ください。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Selected pages

Common terms and phrases

Bibliographic information